2016年 6月19日(日) 香川薬学部オープンキャンパス・レポート

2016.06.21

2016年6月19日(日)、オープンキャンパスを開催しました。
あいにくの雨天でしたが、ご来校くださった高校生、保護者の皆様ありがとうございました。

香川薬学部のオープンキャンパスでは、頼もしい先輩たちが校内をご案内します。
生活、勉強など質問があれば、小さなことでも聞いてください。

今回、香川薬学部では、学部説明会、模擬薬局体験学習、サイエンスミニキャンプ、研究室体験学習、進路相談等を行いました。その一部を紹介します。

 

進路相談

香川薬学部では、教員による進路相談を行っています。

当学部の入試制度や高校での履修科目、入学後の勉強に関すること、国家試験や就職に関することなどを、直接、教員に質問できます。疑問、不安に思うことはお気軽にお聞きください。

学食体験

オープンキャンパスでは,当大学の学食を実際に体験できます。
無料で提供していますので、是非、学生気分を味わってください。

香川薬学部では、案内学生とランチを一緒にとることができます。
お昼をとりながら、学生ならではの話をゆっくり聞いてみてください。

模擬薬局体験学習

模擬薬局を使って「1日薬剤師体験」を行いました。
処方せん受付から服薬指導まで、薬剤師が行う業務はたくさんありますが、
今回は主に調剤、保湿作用のある軟膏の調剤と分包機を使用した分包、無菌室を体験してもらいました。

薬局の中で行われている業務の一端を体験して、薬剤師に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

サイエンスミニキャンプ

分子生物学講座によるサイエンスミニキャンプ「ビタミンから薬のシード化合物を合成しよう」を行いました。
薬を創る『創薬』において、化学反応は重要です。今回のサイエンスミニキャンプでは、実際にビタミンを出発物質として、薬のタネとなる化合物、シード化合物の合成を行いました。

分子という目では確認できないモノを扱いましたが、本実習のように反応が色の変化でわかることもあります。
反応が進むにつれて色が変化していく様子は興味深い現象ではないでしょうか?

次回のオープンキャンパスは7月18日(月・祝)の予定です。
皆様のお越しをお待ちしております。