2017年8月19日に「かがわこども大学」を開催しました。

2017.08.21

2017年8月19日(土)に香川県教育委員会の委託事業「かがわこども大学」を開催しました。

香川県下の小学生(4~6年生)とそのご家族が参加しました。
今年の香川薬学部の課題は「お菓子な処方せん!」です。

今回の「かがわこども大学」に協力してくれた学生です。
参加者の皆さんに丁寧に対応してくれました。

最初は座学!

まず、最初に薬剤師に関する講義とお薬に関する常識クイズを行いました。

例えば、
「飲み忘れたときはどうする?」
「”食間”とは、いつのこと?」など、
ふと疑問に思うような薬に関するクイズを行いました。

8問用意していましたが、みなさんで優秀で、全問正解者も数名いました。

講義の後は、実習です!

薬剤師のお仕事の一つ”調剤”を2つ体験しました。

どちらも処方箋に従い、分包と呼ばれる、 お薬を1回分ごとに分ける包む作業なのですが、
・粉薬がわりの粉糖を量り、薬包紙という専用の紙で包む
・錠剤(今回はチョコと金平糖)を自動分包機という機器で包む
の二通りの実習を行いました。

 

両方の実習とも、最後に「薬袋」という薬を入れる袋を作成して終了です。

最後に修了証授与を授与しました!

最後に、修了証を一人一人渡しました。
今回の「かがわこども大学」を機に、薬学、薬剤師への興味を持っていただけたら、幸いと思います。