4年生岡崎優弥さんが、麻薬覚醒剤乱用防止運動香川大会で大会宣言を行いました。

2017.11.14

11月13日(月)に香川県民ホール(高松市玉藻町)にて「麻薬覚醒剤乱用防止運動香川大会(香川県主催)」が開催されました。

功労者表彰では、香川県薬剤師会から真鍋励次郎先生(琴平町)が感謝状を贈呈されました。
また、大会の締めには、本学を代表して4年生岡崎優弥さんが大会宣言を行いました。

会場には行政、教育関係者等400名ほど出席されおり、香川薬学部卒業卒業生・和田聡史さんが総合案内を担当されました。
香川県職員としての卒業生の活躍も垣間見ることができました。