2018年 6月16日(土) 香川薬学部オープンキャンパス・レポート

2018.06.16

2018年6月16日(土)、オープンキャンパスを開催しました。
梅雨に入った四国地方ですが、本日は爽やかな天気に恵まれました。
ご参加くださったたくさんの高校生、保護者の皆様ありがとうございました。

オープンキャンパスでは、頼もしい先輩たちが校内をご案内します。
香川キャンパスでは、案内学生の全体ミーティングを開始前に行っています。

ミーティング

生活、勉強など質問があれば、小さなことでも聞いてください。

最初に、参加者全員がむらさきサイメモリアルホールでオープンキャンパス全体の概要の説明を受けました。
今回は香川薬学部の学生が説明しました。

全体会

その後、各学部に別れ、オープンキャンパスがスタートしました。

香川薬学部では、学部説明会、模擬薬局体験学習、フィジカルアセスメント、研究室体験学習、進路相談等を行いました。
その一部を紹介します。

学部説明会

香川薬学部では、当学部の特長、6年間の勉強、就職、学費・奨学金制度および学生生活などを説明する会を開催しています。

宮澤学部長のウェルカムコメントの後、香川薬学部教員から、香川薬学部のこと、薬剤師の将来、特待生制度などをお伝えしました。

宮澤学部長 教員による学部紹介

続いて、学生から香川薬学部での勉強の様子や学内設備などをお伝えしました。

学生による学部紹介

学食体験(無料)

オープンキャンパスでは、各学部でランチ無料券を配布しています。学食の他に、カフェ(有料ですが)もあります。

香川薬学部では、昼食も学生が案内します。一緒にご飯を食べながら、気になることを色々聞いてみてください。

メニュー 学食 カフェ

模擬薬局体験学習

模擬薬局体験学習では、模擬薬局を使って「1日薬剤師体験」を行いました。
日頃は薬剤師が行う業務としては処方せん受付や服薬指導を目にする機会が多いかもしれませんが、薬剤師の業務は多様で、さらに年々広がりつつあります。今回は、保湿作用のある軟膏の調剤体験の他、自動分包機を使用した分包、など先進性を意識した設備に触れていただきました。

調剤体験 調剤体験
調剤体験 分包機

薬局の中で行われている業務の一端を体験して、薬剤師に興味を持ってもらえたら幸いです。

フィジカルアセスメント体験

サイエンスミニキャンプでは、「フィジカルアセスメント体験」を行いました。
現在、薬学部ではバイタルサインを参考に薬による副作用は起きていないか?等の確認を行うことが求められてきています。
(バイタルサイン・・・生命兆候という意味の医学・医療用語であり、脈拍、呼吸数、血圧、体温等を指します)
実際に、聴診器を使って、健康な学生の呼吸音と病気の状態を模倣する人形「フィジコ」さんに間質性肺炎と気管支喘息の患者の呼吸音の聴き比べを行いました。

フィジカルアセスメント フィジカルアセスメント フィジカルアセスメント

次回のオープンキャンパスは7月16日(月・祝)です

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

見送り

次回のオープンキャンパスは月16日(月・祝)です。

次回以降の体験学習の詳細は、以下のリンクをご確認いただけると幸いです。

皆様のお越しをお待ちしております。

香川薬学部広報委員会