2014年 9月28日(日) 香川薬学部オープンキャンパス・レポート

9月28日 香川薬学部オープンキャンパス・レポート

9月28日(日)、今年度最後のオープンキャンパスが開催されました。。

秋晴れのすごしやすい1日となり、秋の花「金木犀(キンモクセイ)」の香がキャンパスに漂っていました。

 

 

 

 

 

 

 

来年、学校法人村崎学園は、創立120周年を迎えます。

模擬薬局 「一日薬剤師体験」

模擬薬局では先輩の指導のもと、処方せん受付からお薬をお渡しするまでの調剤一連を体験できます。今回は、尿素入りクリームを作ってみました!これから冬にかけて乾燥する季節。カサカサになる手足に良いですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

無菌室も見学!前室に設置されていた手を触れなくても水、石けん、ペーパータオルが出てくる特殊な手洗い場。実はこれ、実際の病院では手術場で使用されているものと一緒です。手を洗い終えた後も綺麗な状態が保てるように工夫されています。

 

フィジカルアセスメントとセルフメディケーション

フィジカルアセスメントは、「フィジカル(身体的な)」「アセスメント(情報を意図的に収集して判断する)」という言葉の意味を含み、日本語では「身体診察技法」ともいいます。薬剤師が行うフィジカルアセスメントの目的は、“副作用の早期発見”です。これまでも患者との会話の中から、異常に気づくこともありましたが、患者によって症状の訴え方、表現はまちまち。副作用を判断するための情報が不足していました。フィジカルアセスメントで聴診器を用いて呼吸音を聞くことができれば、正確に異常を見抜き、副作用を早期発見、早期対応を行えることが期待されています。今回は、フィジコ(フィジカルアセスメント練習用の人形)の異常な呼吸音を聞いてもらいました。違いに気がついたかな?

もう一つの体験は、セルフメディケーションです。最近よく耳にしますが、セルフメディケーションとは何でしょう?市販薬の利用を思い浮かべるかもしれませんが、セルフメディケーションの定義の中に“自分自身の健康に責任をもち”とあります。自ら生活習慣病を予防し、自分の健康を維持するために食生活や睡眠に気を配ることは大変重要なことです。そのためには、まずは自分の健康状態を正しく知ること!今回は血圧や体温、血中酸素飽和度などを測定しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ若いので大丈夫と思いますが、自分の健康に関心を持つことは大切です。

 

 

 

 

進学相談と入試について

進学相談では、入試だけでなく、特待生制度や奨学金、就職状況などについて、疑問にお答えしました。また、今回は過去の入試問題について、解説!高校で学ぶ範囲には、薬学を学ぶ上で基本となることが含まれていることを解説しました。受験を考えてるみなさん、参考になりましたか?

お見送り

帰りのバスをスタッフみんなでお見送り!

今回のスタッフ

香川薬学部の魅力を伝えてくれたスタッフのみなさん、お疲れ様でした。

今回で平成26年度のオープンキャンパスは終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました。補講や部活で「オープンキャンパスに行けなかった」、「もっと詳しく知りたい」がございましたら、いつでもオープンキャンパスを随時受け付けております。