[奨学金]佐川町高北国民健康保険病院 償還免除付薬学奨学生募集のお知らせ(香川薬学部【1年生】対象)

2018.04.6

香川薬学部【1年生】を対象に奨学生の募集があります。

高知県の「佐川町立高北国民健康保険病院」では、薬剤師の充実及び確保を図るため、
将来当院で薬剤師の業務に従事しようとする方に奨学金を貸与します。

〇対象
・薬剤師免許を取得後、高北病院において薬剤師業務に従事しようとする薬学生(1年生)
・勉学の意欲が旺盛で心身ともに健全であること

〇期間
・正規の修学期間(6年間)

〇貸与月額
10万円
※他の奨学金と併用可

〇償還免除
・貸与を受けた期間の2倍に相当する期間を高北病院で勤務した場合は、奨学金の償還を全額免除

〇出願書類
①奨学金貸与申請書
②身上調書
③誓約書
④申請者の戸籍抄本
⑤大学の在学証明書
⑥申請者の属する世帯の収入を証明する所得証明書および連帯保証人の収入を証明する所得証明書

〇出願締切
・平成30年4月20日(金)まで

〇面接日
・平成30年4月30日(月)

〇提出先
佐川町立高北国民健康保険病院 事務局 奨学金担当

募集要項、出願に必要な書類は、
佐川町立高北国民健康保険病院のホームページでダウンロードし、
各自で書類を病院に提出してください。

佐川町立高北国民健康保険病院HP
平成30年度 償還免除付薬学奨学生募集要項

[奨学金]ハローズ財団奨学金募集のお知らせ

2018.04.2

全学年を対象とした奨学生の募集があります。

●募集資格
・財団が指定する地域にある大学に在籍していること
・学術優秀、健康、品行方正であること
・経済的な理由により学費の支弁が困難であること
・原則として他の民間の奨学金を受給していないこと(日本学生支援機構の奨学金との併用可)
●奨学金の内容
・給付型
・月額 30,000円
・支給期間 1年間(平成30年4月~平成31年3月)
●提出書類
①奨学生申請書兼推薦書     ※所定の用紙
②健康診断書
③在学証明書
④成績証明書
⑤家族全員の前年の収入が分かる証明書(源泉徴収票、所得証明書等)
⑥小論文(テーマ:「私の夢」)※指定の用紙
⑦採用結果通知用返信用封筒
※出願者本人の住所・氏名を記載し、82円切手を貼ったもの
●提出締切
平成30年4月18日(水)17:00まで
●提出先
学生支援グループ

書類は、学生支援グループにあります。詳しくは学生支援グループまで。

[奨学金] 四国機器木村記念財団奨学金募集のお知らせ

2018.03.24

香川薬学部【5・6年生】を対象に奨学生の募集があります。

●募集資格
・学業優秀かつ就学困難な経済的事情のある学生
・日本学生支援機構奨学金、その他の奨学金の貸与または給付を受けていない学生
●奨学金の内容
・給付型
・月額 自宅外通学者 35,000円、自宅通学者  30,000円
・奨学金期間 最短就業期間で卒業する月まで
●提出書類
①奨学生願書
※所定の用紙を学生支援グループに取りに来ること。
②保護者の所得証明書
③作文(1200文字以内) 課題「将来の私」※様式自由
④採用結果通知用返信用封筒
※出願者本人の住所・氏名を記載し、82円切手を貼ったもの
●提出締切
平成30年4月5日(木)17時まで(時間厳守)
※上記必要書類を揃えて申し込むこと。
●提出先
学生支援グループ

書類は、学生支援グループにあります。詳しくは学生支援グループまで。

地域貢献特待生、2次募集を開始しました。

2018.03.1

平成30年度地域貢献特待生の2次募集を開始しました。

出願期間:平成30年3月1日(木)~3月12日(月)必着
面接日時:平成30年3月19日(月)13時から
合格発表:平成30年3月24日(土)
入学手続:平成30年3月28日(水)必着
(注)インターネットによる出願はできません

地域貢献特待生の岡崎優弥さん(山口県出身)からのメッセージです。

岡崎 優弥 さん

僕は、小さい頃から薬剤師になるのが夢で、本学をインターネットで知り、地域貢献特待生制度を利用し受験しました。インターネットだけの情報で受験したので本学のことはあまり知りませんでしたが、実際に入学してから今まで、勉強のしやすい環境や教授の熱心な指導がとてもすばらしいと感じています。
薬学部の勉強は大変だと思います。日頃からコツコツと勉強をしないと再試験になったり、4年次のCBT対策の模試でもいい成績を取るのは難しいです。けれど僕は、人体や薬、病気などの学ぶ内容がおもしろく、知識が増える喜びがあり、勉強が辛いと感じたことはあまりありません。
もう一つの理由は友達と一緒に勉強できる点です。勉強で不明な点や教えられるところを友達と共有したり、テストの時には点数を競ったりすることでモチベーションを上げることができます。また、友達とカラオケやボウリングに行ったり、家で一緒にごはんを食べたりできるからこそ4年生になるまでやってこれたと思います。
クラブ・サークルは、トレーニング部に入っています。体育館のトレーニング器具を自由に使えるので、時間があるときに息抜きとして体を動かしています。そこで出会った先輩や後輩と筋トレをすることが楽しみです。

平成30年度地域貢献特待生の情報はこちら [PDF: 238KB]

徳島文理大学ホームページの香川薬学部紹介ページはこちらから

II期B日程、センター試験利用入試II期の出願受付中

2018.02.10

一般入試II期B日程、大学入試センター試験利用入試II期の出願受付を開始しました。

一般入試II期B日程
出願期間:2月10日(土)〜2月27日(火)
インターネット出願は、2月28日(水)24:00まで)

大学入試センター試験利用入試II期
出願期間:2月10日(土)〜2月27日(火)
インターネット出願は、2月28日(水)24:00まで)

2018 かなえたチカラ

2018.01.10

2018 かなえたチカラ〜内定者メッセージ〜 に香川薬学部から以下の学生が掲載されました。
(写真をクリックすると、学生コメントに移動します)

中西 香奈 さん
長町 諭 さん
神橋 裕太 さん

 

 

 

 

 

 

 

 

大学生活から就職活動まで紹介しています。
是非、ご覧ください。

香川県薬剤師会員の薬剤師の先生方を対象に研修会を開催しました。

2017.11.28

11月19日・26日に、薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習の遂行を目的とした、
無菌操作の実践に係る研修会を本学調剤実習室・無菌調剤室で開催しました。

両日で18名の香川県薬剤師会員の薬剤師先生方が無菌研修に参加されました。
注射剤配合変化の回避方法、高カロリー輸液の無菌的混合操作の技術を習得されました。

ご参加いただいた薬剤師の先生方、ありがとうございました。

 

 

「うどん県で健やかに暮らそう 〜食から健康を考える〜」が開催されます。

2017.11.17

香川総合医療教育研究コンソーシアム 第9回 3大学学術交流会(公開講座)
「うどん県で健やかに暮らそう 〜食から健康を考える〜」が開催されます。

日時:平成29年12月2日(土) 9:30〜12:10
場所:香川県立保健医療大学講義棟3F大講義室

本コンソーシアムは、香川県内の医療系学部を有する3大学が連携して教育・研究に取り組むことにより、香川県の医療に関する知の拠点を形成し、地域に密着したチーム医療を実践できる高度な医療人の養成を目指しています。
このたび、3大学学術交流会 公開講座として、3大学の教員が、医療の最新事情や健康で長生きするための医療知識を一般の方にも理解しやすい内容で講演します。

香川薬学部からは、竹内一准教授が「食用油が加熱変敗する条件の検討と変敗食用油が免疫系に与える影響の解析」を講演します。

事前申込み不要です。皆様のご来場をお待ちしております。

詳しくはこちらをご覧ください。

4年生岡崎優弥さんが、麻薬覚醒剤乱用防止運動香川大会で大会宣言を行いました。

2017.11.14

11月13日(月)に香川県民ホール(高松市玉藻町)にて「麻薬覚醒剤乱用防止運動香川大会(香川県主催)」が開催されました。

功労者表彰では、香川県薬剤師会から真鍋励次郎先生(琴平町)が感謝状を贈呈されました。
また、大会の締めには、本学を代表して4年生岡崎優弥さんが大会宣言を行いました。

会場には行政、教育関係者等400名ほど出席されおり、香川薬学部卒業卒業生・和田聡史さんが総合案内を担当されました。
香川県職員としての卒業生の活躍も垣間見ることができました。