分子生物学講座

講座概要

体をつくっている分子とその化学反応から生命現象を理解し、創薬に役立てます。
体がどのような化学物質(分子)から成り立ち、生命現象がどのような化学反応によって営まれているかについて学びます。それぞれの分子を意識した反応のメカニズムを考えることで生命現象を理解し、分子や化学反応がどんな病気と関連して、病気を治す医薬品とどう関わっているかという理解に役立てます。また、感染症やがんに対する薬がどのように働くか、遺伝子情報から新しい薬をどう創るかについても学びます。

スタッフ
  • 教授:宮澤 宏

東京大学薬学部薬学科を卒業後、同大学院薬学研究科で薬学博士取得。
東工大、理研、国立公衆衛生院、国立衛研を経て現在に至る。

薬学のカリキュラムは非常に多彩です。また、学ぶことも高校と比べると格段に多くなります。ですから、先生の話や本の内容をそのまま覚え込むという学習は効率的ではなく、自分なりの理解できるものに加工する操作(考えること)が重要です。それを早く身につけるよう努力しよう。また、自然に恵まれた環境で体を鍛え強い精神力を養おう。

 

  • 准教授:喜納 克仁
  • 助教:小林 隆信
講座の特色

化学反応を頭に浮かべながら生命現象を分子レベルで解析し、創薬に役立てます。

講座のホームページはこちら