生命物理化学講座

講座概要

生命物理化学講座の授業科目と研究内容
授業としては、物理学A・B、物理化学1・2、生物物理学、放射線科学、生物統計学を担当しています。 とくに物理化学の範囲では、薬がいかにして体液に溶け、どのようにして体に吸収されてゆくか考える上での最も基本的な概念として、 熱力学を学んでいただきます。熱力学とは、温度や圧力の変化にしたがって、固体、液体、気体がどのようにふるまうかを理解する学問です。
また、研究においては、タンパク質の定量法の開発や機能解析、さらには薬が脳に与える影響の解明に、学生さんと一緒に取り組んでいます。

スタッフ
  • 教授:岸本 泰司

博士(薬学)。
東京→金沢→大阪→香川と移動してきました。
授業:物理学、物理化学、生物物理学。専門:神経科学。

薬学は大きく化学的な側面と生物学的側面を持ちますが、これら化学?生命現象は物理化学の基礎知識があってはじめて十分に理解されるものです。

 

  • 講師:植木 正二
  • 助教:窪田 剛志
講座の特色

国家試験に合格していただくことを第一に考えて、みんなで応援しています
学生さんには、必ずや薬剤師国家試験に合格していただき、将来は医療の現場で大いに活躍していただけるよう、講座をあげて応援しています。また、大学院への進学希望者がおられる場合は、本学の内部からでも外部からでも、この物理化学講座を是非ご検討願います。

講座のサイトはこちら