薬理学講座

講座概要

薬はなぜ効くのでしょうか?
このことを理解するためには、からだと薬の両方について知る必要があります。 薬の中でも脳に効く薬には、まだ多くの謎が残っており、よい薬も不足しています。 当講座では、脳はどのようにして考え、記憶するのか、その仕組みと薬が効くメカニズムを追究しており、 新しい薬を作るためのてがかりを得ようとしています。

スタッフ
  • 教授:山田 麻紀

研究テーマは独自のモデルマウスを応用した記憶研究です。 基礎研究を通して、中枢神経系の疾患の画期的な創薬を目指しています。リサーチマップは(こちら)。

薬剤師の資格は、比較的安定的な就職が可能になるチケット・個人の幸福に繋がりやすい資格と考えており、 日々学生さん達の勉強を応援しています。一方で、研究マインドのある人間に成長することも大切だと考えています。 研究室は社会の縮図、グループの中で自分の良さを見つけ、協調性と主体性をバランスよく発揮できるよう、促していきます。 患者さんのために心配りできるには観察力・思考力も重要です。それらも研究を通して高めていけると考えています。

 

  • 助教:鴻海 俊太郎

 

講座のホームページはこちら