教育・研究業績

本学部の教職員や学生による研究・教育業績を紹介します。
より詳しい活動等については、各講座のホームページをご覧下さい。

学生の業績・受賞はこちら

教職員の業績・受賞

「G→C点突然変異を誘発する、立体障害が小さいグアニン酸化損傷の特定」

L-RADのホームページはこちら


「グアニン酸化損傷の生成およびその修復・複製に関する研究」

日本環境変異原学会のホームページはこちら


  • 中妻彩助教(生体防御学講座)が、第12回 日本食品免疫学会学術大会ポスター賞を受賞しました。 (2016.11)

「インテグリンβ1シグナルによる制御性レチノイン酸産生樹状細胞の分化成熟促進」

日本食品免疫学会のホームページはこちら


「レチノイン酸による炎症誘導性樹状細胞と新規IL-13高産生炎症性T細胞の制御」

日本薬学会中国四国支部のホームページはこちら


「神経分化誘導過程におけるTal2遺伝子の発現と調節」

日本薬学会中国四国支部のホームページはこちら


  • 飯原なおみ教授(医療薬学講座)が、平成27年度日本医療薬学会論文賞を受賞しました。 (2015.6)

「わが国のナショナルレセプトデータベースが示した運転等禁止・注意医薬品の使用実態」

日本医療薬学会のホームページはこちら


日本食品免疫学会のホームページはこちら


  • 中妻彩助教(生体防御学講座)が、日本食品免疫学会 第9回学術大会にてポスター賞を受賞しました。 (2013.10)

「ビタミンA欠乏マウスの腸間膜リンパ節樹状細胞によるIL-13高産生性炎症性T細胞の分化誘導と経口免疫寛容誘導の検討」

日本食品免疫学会のホームページはこちら


  • 榊原紀和講師(薬物動態学講座)が、平成25年度 日本薬学会中国四国支部奨励賞受賞を受賞しました。 (2013.6)

「血管新生促進作用および抗がん作用を有する新規核酸類縁体の創製」

日本薬学会中国四国支部のホームページはこちら


  • 片桐幸輔助教(有機物理化学講座)が、平成25年度 日本薬学会中国四国支部奨励賞受賞を受賞しました。 (2013.6)

「芳香族スルホンアミドの立体特性を生かした配位高分子の創製」

日本薬学会中国四国支部のホームページはこちら


  • 安元(森)加奈未助教(生薬・天然物学講座)が、 社団法人 日本薬学会 生薬天然物部会 奨励研究賞を受賞しました。 (2011.11)

「Study of leishmanicidal constituents from tropical plants」

日本薬学会生薬天然物部会のホームページはこちら