薬学部

薬学科(6年制)

医療人にふさわしい質の高さを備え、患者さんから信頼される薬剤師を養成します。

これからの医療に携わる薬剤師には、最新の科学の知識と技術が不可欠です。
薬学科では、薬剤師に必要な医療薬学と実務実習に力を入れると共に、専門基礎教育を徹底して行います。

学びのポイント(薬剤師免許取得プログラム)

徹底した基礎教育と早期体験学習

1年次のプレ薬学教育を通じて基礎学力の向上を図るとともに、早期体験学習で病院や薬局の医療現場を訪ねることで、医療人としての薬剤師になるという自覚と夢を育みます。

薬学教育でサイエンティストの技量を取得

2~4年次の薬学教育では、薬の特性や体の仕組み、薬と生態の相互作用、そして病気の原因と薬の利用法などについて順次学びます。

臨床薬学教育で医療現場を体験

学内での事前学習、6カ月間に及ぶ病院・薬局での実習を通じ、医療人としての技能と意識を育成します。薬剤師としてすぐ活躍できるための臨床薬学教育を行います。

薬剤師国家試験合格率100%を目標にした万全な体制

入学時から薬剤師国家試験を想定し、基礎力向上に取り組みます。万全の国家試験対策で学生をサポートし、全員合格が目標です。

香川薬学部薬学科シラバス(講義要目)