情報公開

薬学共用試験(CBT・OSCE)

現在、医療現場では医学・薬学の急速な進歩に対応できるよう、即戦力となる薬剤師が求められています。 そこで、6年制薬学部では、5年生の時に病院と薬局でそれぞれ11週間ずつの実務実習が必修となっています。 その実務実習開始前に薬剤師の指導・監督のもと、実習生は実際の調剤や服薬指導などを体験学習します。 そこで、実習生が臨床現場に臨むために必要な知識・技能・態度をしっかり身につけているかを確認する試験が全国の薬科大学薬学部が共通で実施されている薬学共用試験です。 この試験は、NPO法人薬学共用試験センターが統括しています。 この共用試験は、パソコンを使って知識が評価されるCBT (Computer-based Testing:コンピュータ支援学力試験) と服薬指導及び調剤などをシミュレートして技能・態度・適正が評価されるOSCE (Objective Structured Clinical Examination:客観的臨床能力試験) から構成されており、これらの試験に合格した学生のみが実務実習を受けることができます。

CBT・OSCEに関して、詳しくはこちらをご覧ください。

教育・研究年報

平成18年、香川薬学部が新たに出発したのを機に、開設以来、教育・研究等に邁進してきた これまでの香川薬学部の活動を振り返り、教育、研究、大学管理運営、および社会貢献の観点から 香川薬学部の活動を纏めて教育・研究年報を刊行しています。 教育・研究年報は、下記からダウンロードしてご覧頂けます。

2016年 徳島文理大学香川薬学部 年報
2015年 徳島文理大学香川薬学部 年報
2014年 徳島文理大学香川薬学部 年報

2013年以前の教育・研究年報はこちら

質の高い入学者の確保と教育の質の向上に向けてのフォローアップ状況

詳しくは、平成26年度 質の高い入学者の確保と教育の質の向上に向けてのフォローアップ状況 [PDF, 143kB]をご覧ください

 

認証評価

すべての大学、短期大学及び高等専門学校は、その教育研究水準の向上に資するため、教育研究、組織運営及び施設設備等の総合的な状況に関し、政令で定める7年以内(専門職大学院は5年以内)に一度、文部科学大臣が認証する認証評価機関の実施する認証評価を受けることが義務付けられました。

平成22年度の評価結果

外部リンク:公益財団法人 日本高等教育評価機構による大学機関別認証評価(平成22年度)

自己評価21

平成18年度から薬学部6年制がスタートしました。平成22年度にはその1期生が長期実務実習を開始します。 香川薬学部では、6年制薬学教育の教育内容(平成18年度~平成21年度)について社会への説明責任を果たすために、 薬学教育評価機構が定める基準(自己評価21)に従って自己評価を行い、自己評価書として纏めました。
自己評価書は、下記からダウンロードしてご覧頂けます。

外部リンク:一般社団法人 薬学教育評価機構 自己評価21

 

その他