薬学共用試験

CBTとは・・・

CBT (Computer-based Testing:コンピュータ支援学力試験) とはパソコンを使った薬剤師に最低限必要な専門知識・思考力を問う試験で、 大きく10に分けられた専門分野から、310問の多肢選択問題(Multiple choice question)として出題されます。 実際に行われたCBTは単純5択形式(5つの選択肢から正解を一つ選ぶ形式)であり、組み合わせ問題や1問につき複数の正解を選ぶ形式の問題は出題されません。

OSCEとは・・・

OSCE(Objective Structured Clinical Examination:客観的臨床能力試験)は複数のステーション(試験場)を使用して、 1ステーションあたり実技時間は5分、問題を読む時間は1~2分と設定されており、 調剤・服薬指導などの薬剤師としての技能・態度を客観的に評価する臨床能力を評価する試験です。

本学の共用試験対策
CBT対策

CBT対策として、香川薬学部では、1,2年生の年度末(学期末)に専門科目の講義内容をCBT形式で問う学年末テストを実施しています。 これにより、普段の講義がCBTにどうつながるのかを具体的に知ることができ、勉強の目標が明確になって勉強がしやすくなります。 また、3年後期から教員による講義、演習、予備校講義を組み合わせたCBT対策を行っており、 無理なくCBTに合格できる学力を身につけられるようになっています。

OSCE対策

本学では、実務実習事前学習の充実によりOSCEにも十分対応できる能力の形成を図っています。

 

平成28年度薬学共用試験結果

平成28年度薬学共用試験の結果は以下の通りです。


・ CBT
本試験 :平成28年12月3日、追再試験:平成29年3月1日
合格者数:52名 (合格基準:正答率60%以上)

・ OSCE
本試験 :平成28年12月18日、追再試験:平成29年3月5日
合格者数:54名 (合格基準:細目評価70%以上・概略評価5以上)


◎ 共用試験

合格者数:52名