授業内容
[大学院講義] 予防衛生薬学

野地裕美

 近年の疾病構造の変,化と高度な医療技術の発達は、健康と疾病の境界にあたる半健康状態の増大と長寿社会をもたらし、健康状態から半健康状態や疾病状態への移行を予防することが大きな課題である。本講義では、健康を維持する生体内のしくみや炎症性疾患における病態形成のしくみ等の最新知識を、食品衛生を関連付けて学ぶと共に、疾病予防において重要な役割を果たす生体成分や天然資源の作用機構についての理解を深め、疾病予防を論理的に考察する能力を講義や討論を通して養う。
[学部] 衛生薬学1

野地裕美

 医療の場で薬剤師が知っておく必要がある公衆衛生学的な知識ならびに関連する事項について学習する。
[学部] 衛生化学2

竹内一

 栄養化学や食品化学の基本的な事項を学び、代謝や疾患の基礎について理解することを目標としています。
[学部] 医療化学1

野地裕美

 安全な食環境を維持することは、私達の健康を守る上で非常に重要な課題である。本講義では、微生物、自然毒、カビ毒などの有害生物による食中毒や農薬、環境汚染物質などの化学物質による食品汚染がヒトの健康に及ぼす影響を学習する。また、食品の製造・加工・保存の目的で使用される食品添加物の種類と用途についても学習する。さらに、食品の安全性と食品衛生に関する知識を習得する目的で、食品の生産、製造、加工、流通、保存の過程を通して食品の安全を守るための法制度と化学物質の安全性評価とその規制についても学習する。
[学部] 薬品代謝学

野地裕美

 生体内での代謝による化学物質の変化は、医薬品の薬理作用や有害作用の発現と密接に関連しており、特に重要である。本講義では、種々の薬物代謝酵素の性質と化学物質の代謝や代謝活性化のしくみを中心として化学物質の毒性発現のしくみについて学習するとともに、化学物質による発がんや組織障害についても学習する。
[学部] 臨床栄養学(アドバンスト教育)

野地裕美

 本講義では、薬剤師が地域保健活動をする際に役立つ実戦的な臨床栄養学の基本的事項について学習する。
[学部] アドバンスト教育プログラム地域医療コース

野地裕美

 高齢者医療現場を理解するため、まず各種介護施設で介護実習を行う。在宅医療における薬剤師のなすべき姿を、実習を通して体感する。バイタルサイン研修を行う。