徳島文理大学 香川薬学部 生体防御学講座 本文へジャンプ
業績

論文
著書
邦文総説
招待講演およびシンポジウム講演

受賞
外部資金


論文

Okayasu, I., Hana, K., Nemoto, N., Yoshida, T., Saegusa, M., Yokota-Nakatsuma, A., Song, S.-Y., and Iwata, M.: Vitamin A inhibits development of dextran sulfate sodium-induced colitis and colon cancer in a mouse model. BioMed Res Int: Article ID 4874809 (2016).


Ohoka, Y.
, Yokota-Nakatsuma, A, Maeda, N, Takeuchi, H., and Iwata, M.: Retinoic Acid and GM-CSF Coordinately Induce Retinal Dehydrogenase 2 (RALDH2) Expression through Cooperation between the RAR/RXR Complex and Sp1 in Dendritic Cells. PLoS One 9(5): e96512 (2014).


Yokota-Nakatsuma, A.
, Takeuchi, H., Ohoka, Y., Kato, C., Song, S.-Y., Hoshino, T., Yagita, H., Ohteki, T., and Iwata, M.: Retinoic acid prevents mesenteric lymph node dendritic cells from inducing IL-13-producing inflammatory Th2 cells. Mucosal Immunol 7(4):786-801 (2014). Epub 2013 Nov 13.


Takeuchi, H.
, Yokota-Nakatsuma, A., Ohoka, Y., Kagechika, H., Kato, C., Song, S.-Y., and Iwata, M.: Retinoid X receptor agonists modulate Foxp3+ regulatory T cell and Th17 cell differentiation with differential dependence on retinoic acid receptor activation. J Immunol 191(7): 3725-3733 (2013). Epub 2013 Aug 26



Sato, T., Kitawaki, T., Fujita, H., Iwata, M., Iyoda, T., Inaba, K., Ohteki, T., Hasegawa, S., Kawada, K., Sakai, Y., Ikeuchi, H., Nakase, H., Niwa, A., Takaori-Kondo, A., and Kadowaki, N.: Human CD1c+ myeloid dendritic cells acquire a high level of retinoic acid-producing capacity in response to vitamin D3. J Immunol 191(6):3152-3160. Epub 2013 Aug 21.


Chaya T., Shibata S., Tokuhara Y., Yamaguchi W., Matsumoto H., Kawahara I., Kogo M.,
Ohoka Y., and Inagaki S.: Identification of a negative regulatory region for the exchange activity and characterization of T332I mutant of Rho guanine nucleotide exchange factor 10 (ARHGEF10).
J Biol Chem 286: 29511- 29520 (2011). Epub 2011 Jun 30. 


Tezuka, H., Abe, Y., Asano, J., Sato, T., Liu, J., Iwata, M., and Ohteki, T.

Prominent role for plasmacytoid dendritic cells in mucosal T cell-independent IgA induction. Immunity  34(2): 247-257 (2011). Epub 2011 Feb 17.


Takeuchi, H., Yokota, A.,  Ohoka, Y., and Iwata, M.:CYP26B1 regulates retinoic acid-dependent signals in T cells and its expression is inhibited by transforming growth factor-β. PLoS ONE 6(1): e16089 (2011).

.
Ohoka, Y., Yokota, A., Takeuchi, H., Maeda, N., and Iwata, M.:

Retinoic acid-induced CCR9 expression requires transient TCR stimulation and cooperativity between NFATc2 and the retinoic acid receptor/retinoid X receptor complex.
J Immunol 186: 733-744 (2011). Epub 2010 Dec 8.


Takeuchi, H., Yokota, A.,  Ohoka, Y.Kagechika, H., Kato, C., Song, S.-Y., and Iwata, M.:

Efficient induction of CCR9 on T cells requires co-activation of retinoic acid receptors and retinoid X receptors (RXR): Exaggerated T cell homing to the intestine by RXR activation with organotins. J Immunol 185: 5289-5299 (2010). Epub 2010 Sep 29.


Chang, S.-Y., Cha, H.-R., Chang, J.-H., Ko, H.-J., Yang, H., Malissen, B., Iwata, M.  Kweon, M.-N.: Lack of retinoic acid leads to increased langerin-expressing dendritic cells in gut-associated lymphoid tissues.
Gastroenterology 138(4): 1468-78 (2010).
Epub 2009 Nov 13.
 
Yokota, A.Takeuchi, H.Maeda, N.Ohoka, Y., Kato, C., Song, S.-Y., and Iwata, M.:
GM-CSF and IL-4 synergistically trigger dendritic cells to acquire retinoic acid-producing capacity.
International Immunology 21(4): 361-377 (2009). Epub 2009 Feb 3.
(This paper was selected as the Featured Article of The Month in the journal)

Iwata, M.:
Retinoic acid production by intestinal dendritic cells and its role in T-cell trafficking. 
Seminar Immunol  21(1): 8-13 (2009). Epub 2008 Oct 11.

Iwata*, M.:
The roles of retinoic acid in lymphocyte differentiation. Seminar Immunol 21(1): 1 (2009). Epub 2008 Oct 5. (Editor's Summary).
(* Iwata served as The Guest Editor of this issue entitled above.)

Korostylev, A., Worzfeld, T., Deng, S., Friedel, RH., Swiercz, JM., Vodrazka, P., Maier, V., Hirschberg, A., Ohoka, Y., Inagaki, S., Offermanns, S., Kuner, R.: A functional role for semaphorin 4D/plexin B1 interactions in epithelial branching morphogenesis during organogenesis.
Development 135(20): 3333-43 (2008). Epub 2008 Sep 17.

Mora, J. R., Iwata, M., von Andrian, U.H.: Vitamin effects on the immune system: vitamins A and D take centre stage. Nature Rev Immunol  8: 685-698 (2008).

Tezuka, H., Abe, Y., Iwata, M., Takeuchi, H., Ishikawa, H., Shiohara, T., Akira, S., and Ohteki, T.: Regulation of IgA production by naturally occurring TNF/iNOS-producing dendritic cells.
Nature 448: 929-933 (2007).
 
Takeuchi, H., Georgiev, O., Fetchko, M., Kappeler, M., Schaffner, W., and Egli, D.: In vivo construction of transgenes in Drosophila.
Genetics 175: 2019-2028 (2007).

Mora*, J. R., Iwata*, M., Eksteen*, B., Song, S.-Y., Junt, T., Senman, B., Otipoby, K. L., Yokota, A., Takeuchi, H.: Ricciardi-Castagnoli, P., Rajewsky, K., Adams, D. H., von Andrian, U. H.: Generation of gut-homing IgA-secreting B cells by intestinal dendritic cells.
Science  314: 1157-1160 (2006).

(*これらの著者はこの研究に同等な貢献をした)
(この論文の主な紹介記事 Science STKE 2006 (362): tw398 (2006).Editor's Choice. Directing the mucosal immune reponse. by S. Simpson.;
Nature Rev. Immunol. 7:4 (2007). Research Highlights. Neighbourly help in the gut. by  O. Leavy.; Nature Immunol. 8:23 (2007). Research Highlights. Gut response. by L.A. Dempsey.; 四国新聞 11月19日 (2006).

Iwata, M. : Role of Vitamin A in T Cell Homing to the Gut. Curr Immun Rev 2: 345-355 (2006).

Yamada, T., Ohoka, Y., Kogo, M., Inagaki, S.: Physical and functional interactions of the lysophosphatidic acid receptors with PDZ domain-containing RhoGEFs.
J Biol Chem 280: 19358-19363 (2005).

Takeuchi, H., Rigden, D. J., Ebrahimi, B., Turner, P. C., and Rees, H. H.: Regulation of ecdysteroid signalling during Drosophila development: identification, characterization and modelling of ecdysone oxidase, an enzyme involved in control of ligand concentration.
Biochem J 389: 637-645 (2005).

Yokota, A., Takeuchi, E., Iizuka, M., Ikegami, Y., Takayama, H., Shinohara, N.: Prominent dominant negative effect of a mutant Fas molecule lacking death domain on cell-mediated induction of apoptosis.
Mol Immunol 42: 71-78 (2005).

Iwata, M.
, Hirakiyama, A., Eshima, Y., Kagechika, H., Kato, C., and Song, S.-Y.: Retinoic acid imprints gut-homing specificity on T cells.
Immunity 21: 527-538 (2004).
(この論文の主な解説記事:
Immunity 21:458-460 (2004). Preview. Retinoic acid: An educational "vitamin elixir" for gut-seeking T cells. by Mora, JR., and von Andrian, U.H.; Nature Medicine 10: 1300-1301 (2004). News & Views. Vitamin A helps gut T cells find their way in the dark. by Johansson-Lindbom, B., and Agace, WW.; Science STKE 2004(256):tw380 (2004). Editor’s Choice. Going for the gut. by Wilson JDK.; 栄養ー評価と治療 22(4): 466 (2005). by 森脇久隆;化学日報工業 12月2日 (2004).; Medical Tribune 5月12日 (2005). 

Iwata, M., Eshima, Y., Kagechika, H., and Miyaura, H.: The endocrine disruptors nonylphenol and octylphenol exert direct effects on T cells to suppress Th1 development and enhance Th2 development.
Immunol Lett 94: 135-139 (2004).

Lai, R., Takeuchi, H., Jonczy, J., Rees, H. H., and Turner, P. C.: A thrombin inhibitor from the ixodid tick, Amblyomma hebraeum.
Gene 342: 243-249. (2004).

Takeuchi, H., Chen, J. H., Jenkins, J. R., Bun-Ya, M., Turner, P. C., and Rees, H. H.: Characterization of a sterol carrier protein 2/3-oxoacyl-CoA thiolase from the cotton leafworm (Spodoptera littoralis): a lepidopteran mechanism closer to that in mammals than that in dipterans.
Biochem J 382: 93-100 (2004).

Lai, R., Takeuchi, H., Lomas, L. O., Jonczy, J., Rigden, D. J., Rees, H. H., and Turner, P. C.: A new type of antimicrobial protein with multiple histidines from the hard tick, Amblyomma hebraeum.
Faseb J 18: 1447-1449. (2004).

Iwata, M., Eshima, Y., and Kagechika, H.: Retinoic acids exert direct effects on T cells to suppress Th1 development and enhance Th2 development via retinoic acid receptors.
Int Immunol 15: 1017-1025 (2003).

Tosa, N., Murakami, M., Jia, W.Y., Yokoyama, M., Masunaga, T., Iwabuchi, C., Inobe, M., Miyazaki, T., Onoe, K., Iwata, M., and Uede, T.: Critical function of T cell death-associated gene 8 (TDAG8) in glucocorticoid-induced thymocyte apoptosis.
Int Immunol 15: 741-749 (2003).

Tani, N., Higashiyama, S., Kawaguchi, N., Madarame, J., Ota, I., Ohoka, Y., Shiosaka, S., Takada, Y., Matsuura, N.: Expression level of integrin alpha 5 on tumour cells affects the rate of metastasis to the kidney.
Br J Cancer 88: 327-333 (2003).

Fujioka, S., Masuda, K., Toguchi, M., Ohoka, Y., Furuyama, T., Inagaki, S.: Neurotrophic effect of Semaphorin 4D in PC12 cells.
Biochem Biophys Res Commun 301: 304-310 (2003).

Yokota, A., Oikawa, A., Matsuda, C., Shinohara, N., Eshima, K.: Cell-mediated Fas-based lysis of dendritic cells which are apparently resistant to anti-Fas antibody.
Microbiol Immunol 47: 285-293 (2003).

Tsukumo, S., Iwata, M., Tohyama, C., and Nohara, K.: Skewed differentiation of thymocytes toward CD8 T cells by 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin requires activation of the extracellular signal-related kinase pathway. Arch Toxicol 76: 335-343 (2002).

Adachi, S., and Iwata, M.: Duration of calcineurin signal and ERK signal regulates CD4/CD8 lineage commitment of thymocytes.
Cell Immunol 215: 45-53, (2002).

Amasaki, Y., Adachi, S., Ishida, Y., Iwata, M., Arai, N., Arai, K, and Miyatake, S.: Constitutively nuclear form of NFATx shows efficient transactivation activity and induces differentiation of CD4+CD8+ T cells.
J Biol Chem 277: 25640-25648 (2002).

Miyaura, H., and Iwata, M.: Direct and indirect inhibition of Th1 development by progesterone and glucocorticoids.
J Immunol 168: 1087-1094 (2002).

Hirotani, M., Ohoka, Y., Yamamoto, T., Nirasawa, H., Furuyama, T., Kogo, M., Matsuya, T., Inagaki, S.: Interaction of plexin-B1 with PDZ domain-containing Rho guanine nucleotide exchange factors. 
Biochem Biophys Res Commun 297: 32-37 (2002).


--> このページの先頭へ戻る

著書

Mora, J.R. and Iwata, M.: Retinoids and the Immune System. In The Retinoids: Biology, Biochemistry, and Disease, Chapter 21, P. Dolle, K. Niederreither, ed. Wiley, p.465-483 (2015).


Iwata, M., and Yokota, A.: Retinoic acid production by intestinal dendritic cells. In Vitamins & Hormones, Volume 86, “Vitamins and The Immune System” Chapter Six, G. Litwack, ed.  Elsevier, p.127-152.(2011).

岩田 誠. (2010). 粘膜免疫におけるダイナミックな細胞移動, b レチノイン酸の関与.
臨床粘膜免疫学 227-235.清野 宏 編集.シナジー.


--> このページの先頭へ戻る

邦文総説

岩田 誠.2014.免疫を健全に保つビタミンAの働き. 香川県薬剤師会会誌かがやく
153:49-50

岩田 誠.2014.レチノイン酸産生樹状細胞とその機能. 臨床免疫・アレルギー科
62(6):588-592.

中妻 彩
岩田 誠2014.ビタミンAによる炎症誘導性樹状細胞の制御.

炎症と免疫 22(4): 295-299.

中妻 彩. 2013. 樹状細胞のレチノイン酸産生誘導の機序. 臨床免疫・アレルギー科 59 (3): 392-397.


岩田 誠. 2013. レチノイン酸によるTregの分化と機能の制御.

医学のあゆみ 246 (10): 857-863.


岩田 誠. 2012. リンパ球ホーミングからみた炎症性腸疾患.G.I.Research (Journal of Gastrointestinal Research) 20 (6): 41 (493) - 45 (497).


中妻 彩. 2012. 樹状細胞へのビタミンAの作用と分化誘導されるT細胞.
臨床免疫・アレルギー科 57 (1): 8-13.

岩田 誠. 2011. 小腸特異的リンパ球ホーミング. SurgeryFrontier. 18 (4):
68 (402) - 71 (405).


岩田 誠. 2011. リンパ球トラフィキングの組織指向性を決める分子機構.

リンパ学 34 (2): 112-116.


岩田 誠. 2011. 組織特異的リンパ球ホーミング. 炎症と免疫. 19 (5): 2 (444) - 7 (449)

横田 彩
. 2011.腸管におけるレチノイン酸産生樹状細胞とリンパ球の動態.
臨床免疫・アレルギー科 55 (4): 454-459.

竹内 一、大岡嘉治、岩田 誠
. 2011. 粘膜系リンパ球の腸管指向性獲得の分子メカニズム.細胞工学 30 (4): 381-386.


横田 彩、岩田 誠2010.腸管樹状細胞のレチノイン酸産生誘導要因.
臨床免疫・アレルギー科 54 (4): 492-98.

岩田 誠. 2010. 粘膜組織における樹状細胞機能とその制御. 炎症と免疫 18 (5): 14(474)-18(478).


横田 彩、岩田 誠2010.ビタミンと免疫-ビタミンAを中心に.
Functional Food
4 (1): 61-65.

岩田 誠. 2010. 腸管免疫におけるレチノイン酸の役割. 化学と生物 48 (6): 389-394.

岩田 誠. 2009. レチノイン酸による免疫機能の制御. 
香川県薬剤師会会誌 かがやく
134, 58-59.

岩田 誠. 2009. ビタミンAによるリンパ球のホーミングと分化の制御. ビタミン  83 (8): 441-452.

岩田 誠. 2009. 組織特異的リンパ球ホーミング. 炎症・再生医学事典  195-197.

岩田 誠. 2008. ビタミンAの腸管リンパ球分化・局在における重要性. リンパ学 31 (2) : 33-37.

岩田 誠. 2008. ビタミンAの腸管免疫における役割. 栄養ー評価と治療 25: 59-62.

岩田 誠. 2007. ビタミンによる腸管免疫担当細胞の配備と機能制御. 実験医学増刊号 粘膜免疫からの感染と免疫応答機構 25(20):142(3220)-146 (3224).

岩田 誠. 2007. レチノイドによるリンパ球トラフィキング制御. Annual Review 2008 免疫 154-161. 

岩田 誠. 2007. 腸管免疫におけるビタミンAの役割. 腸内細菌学雑誌 
21: 297-304.

岩田 誠. 2006.レチノイン酸による腸管特異的リンパ球ホーミングの制御. 実験医学・増刊 免疫研究最前線  2007 24 (20):183(3253)-189(3259).

岩田 誠. 2006. ビタミンAは腸管免疫に必須である --- レチノイン酸によるリンパ球ホーミング特異性の制御 医学のあゆみ 219 (10): 795-796.

岩田 誠. 2006. 腸管免疫におけるビタミンAの役割とその作用メカニズム.
生化学 78(8): 738-748.

岩田 誠. 2006. 免疫監視におけるビタミンAの役割:リンパ球ホーミングの制御. 
感染・炎症・免疫 36: 22-32.

岩田 誠. 2005. レチノイン酸によるリンパ球ホーミングの制御. 
Molecular Medicine 臨時増刊号 免疫  2006 42: 22-28.

岩田 誠. 2005. レチノイン酸による腸管へのT細胞ホーミング誘導. 
臨床免疫 44 (3): 299-301.

岩田 誠. 2005. 腸組織特異的T細胞ホーミングの制御機構.
ファルマシア  41 (6): 513-517.

岩田 誠. 2004. レチノイン酸によるTh1分化の抑制.
臨床免疫  41 (5): 520-526.

岩田 誠. 2002. アポトーシスのシグナル伝達.
小児内科  34 (12): 1731-1735.

横田 彩. 2002. 抗原提示細胞.
臨床免疫  38 (suppl.20): 209-214.


--> このページの先頭へ戻る



招待講演およびシンポジウム講演

岩田 誠 腸管免疫系の発達と機能制御 —その鍵を握るレチノイン酸—” 

第52回日本小児アレルギー学会・教育講演、ホテル日航奈良、奈良県、11月21日、2015.


Iwata, M.  “The role of retinoic acid in immune functions”

at The 3rd International Conference on Retinoids (26th Congress of the Japanese Society for Retinoid Research), Gifu, Japan, October 22, 2015.


Iwata, M.  “The role of retinoic acid in immune functions”

at Academy of Immunology and Microbiology (AIM), The Institute for Basic Science (IBS) in Pohang University of Science and Technology (POSTECH) (Director, Prof. Surh), Pohang, Korea, May 27, 2015.


岩田 誠 レチノイドシグナルによる免疫・炎症反応の制御” 

日本薬学会第135年会、シンポジウム「生体環境と炎症応答の制御」、
神戸学院大学、
兵庫県、3月26日、2015.


中妻(横田) 彩 ”ビタミンAによる腸管免疫応答制御”

日本農芸化学会2014年大会シンポジウム明治大学生田キャンパス神奈川県、3月30日、2014.

岩田 誠 ビタミンAが左右する免疫” 日本食品免疫学会賞受賞講演

第9回 日本食品免疫学会学術大会(JAFI 2013)、東京大学伊藤国際学術センター・伊藤謝恩ホール、東京都、10月18日、2013.


岩田 誠 ”ビタミンAによる食品免疫制御とその破綻”

日本食品免疫学会(JAFI)第6回 シンポジウム、東京大学弥生講堂、東京都、6月21日、2013.


岩田 誠 ”腸と免疫”

第43回 日本薬学図書館協議会 近畿・中四国・九州地区協議会 招待講演、徳島文理大学香川キャンパス図書館、香川県、5月17日、2013.

岩田 誠 ”レチノイン酸産生樹状細胞による免疫反応の制御” 第9回金沢大学消化器外科カンファレンス、金沢大学付属病院、石川県、4月22日、2013.


岩田 誠 ”免疫を左右するビタミンAの役割 ifia/HFEE JAPAN 2012(第17回国際食品素材/添加物展・会議および第10回ヘルスフードエキスポ)、東京ビッグサイト、東京都、5月24日、2012.

Iwata, M. ”The role of retinoic acid signals in immune functions”
International Symposium “New Horizons in The Immune System”- A Strategic Project for Innovative Research, University of Tokushima,
Tokushima, February 9-10, 2012.


岩田 誠 ”腸の樹状細胞によるT細胞のホーミングと分化の制御
第32回 和漢医薬学総合研究所特別セミナー 「和漢薬治療のターゲットとしての粘膜免疫機構」、富山県民会館、富山県、12月9日、2011.

岩田 誠
”リンパ球トラフィキングの組織指向性を決める分子機構
第35回 日本リンパ学会総会、東京ステーションコンファレンス、東京都、
6月3日、2011.

岩田 誠 
粘膜免疫におけるビタミンAの必須の役割”
香川県高等学校教育研究会 生地部会 秋季生物研究徳島文理大学香川キャンパス香川県、11月19日、2010.

Iwata, M. The effect of chemicals on the tissue-specific homing of  T cells
International Council of Chemical Associations (ICCA) - Long-range Research Initiative (LRI) & Joint Research Centre (JRC) WORKSHOP 2010, Grand Hotel Bristol, Stresa, Italy, June 16-17, 2010.


岩田 誠 “ビタミンAは飢餓の子供たちを救う”
栄養科学部セミナー 相模女子大学 (巽 英二教授) 、神奈川県、1月23日、2010.

岩田 誠 ”ビタミンAは免疫力を向上させる”
戦略的大学連携支援事業 香川総合医療教育研究コンソーシアム 第2回フォーラム 3大学学術交流会、サンポートホール高松、香川県、12月17日、2009.


Yokota, A.
Regulation of lymphocyte homing and differentiation by retinoic acid-producing dendritic cells in the intestine
第 39回 日本免疫学会学術集会、Symposium "Immune Cell Trafficking"、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)、大阪市北区中之島、12月2日、2009.

岩田 誠 
”レチノイン酸による免疫機能の制御”
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス(HBS)研究部「感染・免疫クラスター」ミニリトリート、ウエスティンホテル淡路、兵庫県、11月28日、2009.


岩田 誠 
”ビタミンAによるリンパ球のホーミングと機能の制御”
第59回日本アレルギー学会秋季学術大会、秋田ビューホテル・光琳、秋田県、10月31日、2009.


岩田 誠 
”レチノイン酸によるリンパ球機能分化・動態の制御”
特別講義(非常勤講師)、香川大学医学部(平島光臣教授) 、香川県木田郡三木町、9月28日、2009.


岩田 誠 “
ビタミンAによる免疫機能の制御”
特別講義(非常勤講師)、香川大学医学部(平島光臣教授) 、香川県木田郡三木町、6月8日、2009.

岩田 誠 ”ビタミンAによる腸管免疫の制御”
日本食品免疫学会 設立5周年記念学術大会(JAFI2009)、東京大学安田講堂、東京都、5月27日、2009.

Iwata, M.  ”
Regulation of immunological functions by vitamin A
 International Symposium 2009 - Nutritional, Medical and Social Sciences for Children Seirankodo, University of Tokushima、
 
Tokushima, January 23, 2009.

岩田 誠 ”レチノイドによる腸管免疫の制御”
第15 回日本免疫毒性学会学術大会(JSIT2008)、タワーホール船堀東京都、9月12日、2008.

岩田 誠 “レチノイン酸による腸管リンパ球分化・局在の制御”
腸管免疫研究会、武田薬品 創薬第一研究所大阪府、8月1日、2008.

岩田 誠 “ビタミンAによるリンパ球ホーミングと分化の制御”
第320 回 脂溶性ビタミン総合研究委員会、大阪医科大学大阪府、7月18日、2008.

岩田 誠 ”ビタミンAの腸管リンパ球分化・局在における重要性”
第32 回 日本リンパ学会、東京都千代田区丸の内、6月6日、2008.

岩田 誠 “レチノイン酸によるリンパ球ホーミングと機能の制御”
第118 回 日本薬学会中四国支部例会、香川県、1月26日、2008.

岩田 誠 “レチノイン酸によるリンパ球のホーミングと分化の制御”
特別講義(非常勤講師)
徳島大学大学院 医科学教育部 (高浜洋介教授)、徳島市、11月30日、2007.


岩田 誠 ”レチノイン酸による腸管特異的リンパ球ホーミング
第4 回 血液・腫瘍内科 Meet the Expert、名古屋大学大学院 医学系研究科、名古屋市、11月26日、2007.

Iwata, M.  Regulation of lymphocyte homing by retinoids
The Korean Association of Immunobiologists, 55th Fall Conference, JW Marriott Hotel, Seoul, Korea, November 9, 2007.

Iwata, M.  ”Role of vitamin A in Lymphocyte Homing to The Gut”  
13th International Congress of Mucosal Immunology (ICMI2007)/ Japanese Association for Food Immunology (JAFI), Joint Meeting, Shinagawa, Tokyo,
July 11, 2007.

岩田 誠  ” リンパ球ホーミング特異性の制御機構
第251回千葉バイオサイエンスセミナー、千葉大学大学院 医学研究院 免疫発生学(中山俊憲教授)、千葉市、6月1日、2007.

岩田 誠 ”腸管免疫におけるビタミンAの役割
特別講義(非常勤講師)鳥取大学医学部生命科学科  (林眞一教授)、米子市、1月16日、2007.

Iwata, M.  ”Regulation of lymphocyte trafficking by retinoids

第36回 日本免疫学会学術集会、Symposium "Cell movement and trafficking"、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)、大阪市北区中之島、12月11日、2006.

岩田 誠 
レチノイドによるリンパ球ホーミングの制御
日本分子生物学会2006フォーラム「分子生物学の未来」、名古屋国際会議場、名古屋市熱田区熱田西、12月6日、2006.

岩田 誠 ”レチノイドによるリンパ球ホーミングの制御”
第10回 GI Cell Biology研究会、東京都千代田区飯田橋、6月22日、2006.

岩田 誠 ビタミンAによるリンパ球ホーミングの制御 ー Tリンパ球を小腸に配備する”
特別講義(非常勤講師)、香川大学医学部(平島光臣教授) 、香川県木田郡三木町、6月6日、2006.

Iwata, M.  ”The role of dendritic cells and retinoids in regulating lymphocyte trafficking”
2006 BMT (The American Society for Blood and Marrow Transplantation) Tandem Meetings, Plenary Session “Cell Trafficking and Homing”,
at Honolulu, Hawaii, February 16-20, 2006.

岩田 誠 ”レチノイン酸によるリンパ球ホーミングの制御”
年齢軸生命工学研究センターシンポジウム「生体恒常性と免疫」、独立行政法人・産業技術総合研究所、茨城県つくば市、1月27日、2006.

岩田 誠 “環境化学物質によるTリンパ球機能分化への影響”
第5回 分子予防環境医学研究会・シンポジウム「環境化学物質の健康影響研究 2005」、東京都文京区本郷、11月25-26日、2005.

岩田 誠 レチノイドによるリンパ球ホーミングの制御”
日本レチノイド研究会、第16回学術集会「レチノイドと免疫機能」、東京都文京区本郷、11月10-11日、2005.

Iwata, M.  The role of retinoids regulating lymphocyte trafficking”
at
Medizinishe Hochschule Hannover (Prof. Forster), Hannover, Germany, October 19, 2005.

Iwata, M.  The role of retinoids regulating lymphocyte trafficking”
at
Charite-Universitaetsmedizin Berlin, Medizinische Klinik mit Scherpunkt, Rheumatologie und klinche Immunologie (Prof. Hamann), Berlin, Germany,
October 18, 2005.

岩田 誠 腸管免疫におけるビタミンAの役割”
徳島県高等学校教育研究大会理科学会、徳島市、8月25日、2005.

岩田 誠 腸管免疫におけるビタミンAの役割”
日本動物細胞工学会2005年度大会(JAACT2005)・シンポジウム「腸管免疫と食品による調節」(日本食品免疫学会共催)、文京区本郷、7月6-7日、2005.

Iwata, M.  Role of vitamin A in the imprinting of gut-homing T cells”
The 14th International Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages 2005,  Omiya, Saitama, Japan, June 3-4, 2005.

Iwata, M.  Retinoic acid imprints gut-homing specificity on T cells”
Keystone Symposia, Leukocyte Trafficking: Cellular and Molecular Mechanisms,  Taos, New Mexico, USA, March 1-6, 2005.


--> このページの先頭へ戻る

受賞


日本食品免疫学会賞 岩田 誠 (10月18日、2013

第9回日本食品免疫学会学術大会ポスター賞 中妻(横田)彩 (10月18日、2013


外部資金

科学研究費補助金 特定領域研究「免疫監視の基盤とその維持・制御」研究課題「レチノイン酸によるリンパ球ホーミング特異性の制御機構」(2005年度 - 2006年度)  
代表 岩田 誠


科学研究費補助金 基盤研究B「免疫細胞ホーミング特異性を制御する新規因子の探索と同定」(2005年度 - 2007年度) 代表 岩田 誠


日本化学工業協会 長期自主研究(LRI) 「組織特異的リンパ球ホーミングへの化学物質の影響」(2006 - 2007年)代表 岩田 誠

内藤記念科学奨励金 (研究助成)「ビタミンおよび低分子量脂質によるリンパ球ホーミング特異性の制御機構」(2006 - 2007年)代表 岩田 誠 

科学研究費補助金 萌芽研究「化学物質におるリンパ球ホーミングのかく乱」(2007年度 - 2008年度) 代表 岩田 誠

科学研究費補助金 基盤研究C「免疫細胞ホーミングによるレチノイン酸分解系の役割の解析」(2007年度 - 2009年度) 代表 竹内 一

科学研究費補助金 若手研究B「食品成分によるリンパ球ホーミングの組織特異性の制御」(2007年度 - 2008年度) 代表 横田 彩

すかいらーく学術研究助成金「食物アレルギーにおけるレチノイン酸代謝酵素の役割の解明」(2007年 - 2008年度) 代表 竹内 一

日本化学工業協会 長期自主研究(LRI) 「リンパ球ホーミングの組織特異性制御機構への化学物質の影響」(2007 - 2008年)代表 岩田 誠

上原記念生命科学財団 (研究助成金)「リンパ球のホーミングと機能の制御機構」(2008 - 2009年)代表 岩田 誠

科学研究費補助金 特定領域研究  研究課題「レチノイン酸産生樹状細胞による免疫反応の制御」(2008年度 - 2009年度)  代表 岩田 誠

日本化学工業協会 長期自主研究(LRI) 「制御性T細胞分化への化学物質の直接的および間接的影響」(2008 - 2009年)代表 岩田 誠

JST戦略的創造研究推進事業(CREST:共同研究グループ) 「DCのRA生産調節を介した粘膜免疫制御機構の解明、ビタミンAレベルによるTregサブセット調節の解析」
(2008 - 2013年)代表 岩田 誠

乙卯研究所研究助成(脳神経疾患、自己免疫疾患とレチノイド)「レチノイドを用いた制御性T細胞の安定的維持方法の確立」(2009 - 2010年)代表 竹内 一

科学研究費補助金 若手研究B「ビタミンA摂取による腸管免疫バランスの構築と制御」(2009年度 - 2010年度) 代表 横田 彩

ダノン学術研究助成金「樹状細胞の分化に基づく腸管免疫系発達への栄養素の影響」(2010年)代表 岩田 誠

科学研究費補助金 特定領域研究  研究課題「レチノイドシグナルによる免疫寛容の誘導と制御のメカニズム」(2010年度 - 2011年度)  代表 岩田 誠

科学研究費補助金 基盤研究B「樹状細胞の分化系列とレチノイン酸産生能のエピジェネティック制御の関係解明」(2011年度 - 2013年度) 代表 岩田 誠

科学研究費補助金 基盤研究C「RXRアゴニストを用いた免疫制御療法の開発」
(2011年度 - 2013年度) 代表 竹内 一

科学研究費補助金 若手研究B「ビタミンA摂取が腸管免疫バランスを制御する樹状細胞の機能発現に与える影響」(2011年度 - 2012年度) 代表 中妻 彩

科学研究費補助金 基盤研究C「腸管免疫系の恒常性維持におけるレチノイン酸産生酵素の役割とその発現制御機構の解明」(2012年度 - 2014年度) 代表 大岡 嘉治

上原記念生命科学財団 (研究助成金)「レチノイン酸による炎症性疾患の制御」(2013 - 2014年)代表 岩田 誠

科学研究費補助金 新学術領域研究「免疫空間における腸型樹状細胞の誘導とその攪乱」(2013年度 - 2014年度) 代表 岩田 誠

科学研究費補助金 基盤研究C「
レチノイン酸産生能を有する腸型樹状細胞の機能制御に基づく粘膜免疫強化法の研究(2013年度 - 2015年度) 代表 中妻 彩

科学研究費補助金 基盤研究B「IL-13を高生産する新規炎症性ヘルパーT細胞のアレルギー炎症性疾患における役割」(2014年度 - 2016年度) 代表 岩田 誠

公益財団法人 武田科学振興財団 2014年度薬学系研究奨励 「新規IL-13高産生炎症性T細胞によるアレルギー炎症性疾患の発症機序の解明」(2014年度―2017年度)  代表 中妻 彩

科学研究費補助金 基盤研究C「腸管免疫系における樹状細胞分化を制御する転写因子Eosの機能解明」(2015年度 - 2017年度) 代表 大岡 嘉治

--> このページの先頭へ戻る