ENGLISH

member
◆新着情報◆

お知らせ(大学院生募集)

薬学研究科博士課程に進学したい方を募集しています。詳細はこちら

NEWS

2016.11.6
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会において発表を行いました。

2016.11.5
2016年日本化学会中国四国支部大会香川大会において発表を行いました。

2016.10.3
 東京大学大学院薬学系研究科の王 東宇大学院生、王 超特任助教、内山 真伸教授(理化学研究所主任研究員兼務)、 徳島文理大学香川薬学部の川幡 正俊講師、山口 健太郎教授らの研究グループは、 初めての「C-N 結合切断型 Stille カップリング反応」の開発に成功しました。
 この反応は、2010年にノーベル賞を受賞した鈴木カップリング同様、生命に直接関連する炭素原子同士をつなぐ新しい手法で、 材料化学・医薬品など高度に官能基化された分子の創製に幅広く応用されることが期待され、新たな科学に寄与するものです。 本成果は、英国科学誌「Nature Communications」にオンライン公開されました。  (9月30日) 詳細

2016.9.27
徳島文理大学香川薬学部チームから結晶スポンジの応用に関する論文が発表されました。
【論文要旨】 最近開発された,油状もしくは液体試料に適用できる結晶スポンジ法を用いて,伝統的な油状薬物であるサリチル酸メチルの単結晶X線構造解析を行った. サリチル酸メチルの構造解析に初めて成功し,結晶スポンジ内に6種類の分子が存在していることがわかった. 結晶スポンジの空孔内に存在する溶媒を含めたほとんど全てのフラグメントを同定し,この分子の精密構造を解析した. その結果,全ての分子は層状に配列していた.結晶スポンジ法により,空孔内での特異的な分子間相互作用と分子多様性が観測された. 詳細

2016.8.6
夢化学21 in Kagawa おもしろワクワクサイエンス展’16に参加しました。詳細

2016.8.5
薬学科 卒業論文発表会が行われました。

2016.7.5
「一目でわかる!『研究力が高い大学』」に当講座の川幡先生が掲載されました。 詳細
表紙

2016.5.27
第83回日本分析化学会有機微量分析研究懇談会において発表を行いました。

2016.3.7
研究業績集第11号(2015年の業績)が発刊されました。

過去の情報

イベント・学会情報

日本化学会第97春季年会 詳細
2017年3月16日 (木) 〜 19日 (日)
慶應義塾大学 日吉キャンパス (東京都)

日本薬学会第137年会 詳細
2017年3月24日 (金) 〜 27日 (月)
仙台国際センター (宮城県)


徳島文理大学香川薬学部
解析化学講座
〒769-2193 香川県さぬき市志度1314-1
TEL: 087-899-7436(直通)
FAX: 087-894-0181


Copyright© ◆徳島文理大学香川薬学部 解析化学講座 All rights reserved.