▲徳島文理大学香川薬学部に戻る

各大学の大学祭に三大学の学生が互いに応援・協力  香川大学医学部祭

 香川大学医学部祭は平成21年10月9日(金)に前夜祭が開かれ、香川大学阪本医学部長、上田副医学部長の挨拶。 大学連携事業の上野事業総括が「今回から香川県立保健医療大学、徳島文理大学の学生が一緒になって大学祭を盛り立て、連帯感と心意気を示そう」と激励しました。そして、香川大学医学部4年生の原鐵洋医学部祭実行委員長の音頭による乾杯によって、盛大華やかに始まりました。  
 今年は香川大学医学部祭の医学展を連携三大学の学生が一緒に開催・運営しました。このための準備に学生達が幾度も会議を持つなど、チーム医療のベースとなる連帯を深めました。また、学生達は遠隔講義システムを利用して会議をするなど場所の問題もうまく克服していました。
10日、11日の医学展では

  • 三大学の学生が一緒になって、来訪者の健康チェック(骨密度測定、血圧測定、手洗い体験、視力検査など)を行いました。この骨密度測定に県立保健医療大学が測定器を持ち込みました。
  • 徳島文理大学香川薬学部の学生が薬草茶の体験コーナーを開設いたしました。 

また、

  • 学生たちが調査・研究した内容をポスター展示しました。この展示にも香川県立保健医療大学、徳島文理大学の学生によるポスターが加わりました。

今回は初の試みであり、戸惑いや細かい改善点などがあったものの大成功に終わり、学生達も達成感に浸っています。薬草茶の体験コーナーには10日80名、11日100名ほどの訪問があり、学生に健康相談を持ちかける方もいて、学生から「薬局でのお客様対応などの良い勉強になった」との声も聞かれました。
 

Copyright 2008 Tokushima Bunri University All Rights Reserved.