▲徳島文理大学香川薬学部に戻る

電子処方箋システム開発会議を開催

○次のとおり電子処方箋システム開発会議を開催した。
  日 時:22年3月18日(木)13時30分〜15時
  場 所:徳島文理大学 香川薬学部会議室
  参加者:徳島文理大学、株式会社STNet、株式会社ミトラの計10名
  内 容:●平成21年度下期開発事業報告
       ●平成22年度事業について

 

■主な協議内容

(1)21年度下期の活動報告

ー他攫存碍覯綿鷙         
 電子処方箋の実用化は慎重に行う必要があるため、一通りのシステム開発が完了した21年度下期は、各調剤薬局に画面を操作していただき、医療情報共有サーバ(STNetデータセンター設置)にある処方箋データや検査データなどを見てもらった。
 調剤薬局からは「患者さんの役に立つものであり、これらのデータを有効に活用したい。このための教育をしてほしい」、「薬局業務を効率化するために電子処方箋と薬局レセコンのデータ連携も進めてほしい」などの要望をいただいた。

■横嫁度実証実験準備
 病院システムから調剤薬局間での実証実験に備え、病院と共有サーバ間のセキュリティ強化工事(ファイヤーウォールやルーター など導入・設定)を実施中。
 また、調剤薬局が患者さんのプライバシー(医療情報)を確実に管理するための情報管理規定を作成した。

セキュリティの試験研究
 HPKIを実際に入手して試験を行った。HPKIはセキュリティ向上に有効であるため、今後電子処方箋への適用を検討・研究して行きたい。

(2)22年度の業務計画

 22年度は病院システムから調剤薬局間での実証実験を行い検証・評価することにしており、その方法などについて協議した。


会議の様子

Copyright2008TokushimaBunriUniversityAllRightsReserved.