▲徳島文理大学香川薬学部に戻る

香川大学医学部講義を遠隔講義システムを利用し配信した

 平成22年5月12日、香川大学医学部にて香川大学医学部附属病院薬剤部長の芳地一先生が「医学概論I/看護学概論 乱用薬物の基礎知識」という題目で講義を行いました。 本講義は、平成22年度各大学のシラバスに掲載されている3大学連携事業の一環で、遠隔講義システムを用いて、徳島文理大学および香川県立保健医療大学にも配信し、また、講義自動収録システムで収録も行いました。
 各大学からは、332名もの学生がそれぞれ所属する大学で聴講し、最後に質疑応答も行いました。
 聴講した学生からは終了後、「薬物に対する理解が深まった。自分の知識の幅を広げることができ、これからの勉強に意欲がわくので非常に良い。」など半数以上の学生から遠隔講義は有意義であるとの声がよせられました。

Copyright2008TokushimaBunriUniversityAllRightsReserved.