▲徳島文理大学香川薬学部に戻る

徳島文理大学理工学部および香川大学医学部附属病院検査部を見学

日時:平成22年7月20日 13:00〜16:30  
 香川県立保健医療大学臨床検査学科2年生19名が、徳島文理大学理工学部臨床工学科および香川大学医学部附属病院検査部を見学しました。  
 徳島文理大学理工学部臨床工学科では生体計測における人間生理学と人間工学の融合や臨床工学技士の医療での役割についてミニ講義を受け、医療機器の操作実習を行いました。模擬手術室にて電気メスの使い方や原理の説明を受け、実際にりんごを切らせていただきました。また、人工心肺装置や除細動装置の使用方法なども学びました。  
 香川大学医学部附属病院検査部では各部門の担当者から使用機器の説明を受けました。また、実際に簡単な測定を行いました。自動分析検査の限界や臨床検査技師の仕事の重要性について改めて認識しました。  
 今回の見学を通して、他職種との連携や医療機器および検査機器の理解と正しい使用方法を学びました。この経験を今後の学習に役立てて行きたいと思います。

  【徳島文理大学理工学部臨床工学科の講義、見学】



  【香川大学医学部附属病院検査部の見学】

Copyright2008TokushimaBunriUniversityAllRightsReserved.