▲徳島文理大学香川薬学部に戻る

ブルネイ・ダルサラーム大学の学生が徳島文理大学に施設見学に来ました。

 平成22年12月10日(金)午前、香川大学医学部に訪問中の学生(ブルネイ・ダルサラーム大学)8名が徳島文理大学香川薬学部と理工学部臨床工学科へ施設見学に訪れました。
 まずはじめに、薬学部の学生が模擬薬局などの実習施設を案内し、調剤の基本や装置などについて英語で説明しました。次に薬草園へ移動し、生薬・天然物化学講座の関田先生、岡田先生に園内を案内していただきました。

 理工学部臨床工学科の模擬手術室には様々な医療機器があり、模擬人体で脈拍や呼吸、心電図を確認し、また除細動装置の操作を体験しました。他にも電気メスなどの操作説明を受け、実際に操作を体験していました。

 最後に、ブルネイの学生によるプレゼンテーションが行われ、ブルネイの食事や生活、ダルサラーム大学での様子などが紹介され、興味をもった文理大学の学生から、英語で質問する場面もありました。

 例えば、「ブルネイで人気のあるスポーツはなんですか?」や「日本では鍼やお灸などの治療方法などもありますが、ブルネイでも独自の治療方法みたいなものがあるんですか?」などの質問がでました。

 お昼には、案内した文理大学生7名が学食でブルネイの学生を囲み話し合いながら食事をしました。すでに仲良くなっており、英語で色々な話題に花を咲かせました。

Copyright2008TokushimaBunriUniversityAllRightsReserved.