▲徳島文理大学香川薬学部に戻る

香川総合医療教育研究コンソーシアム 学術交流会・第3回フォーラムを開催

 2010年12月19日(日)、徳島文理大学香川キャンパス村崎サイメモリアルホールにて、香川総合医療教育研究コンソーシアム 学術交流会ならびに第3回フォーラムを開催しました。
 午前中は本事業に参加している徳島文理大学香川薬学部と理工学部、香川大学医学部、香川県立保健医療大学による「3大学学術交流会」を行い、各大学の学生と教員が研究発表しました。
 また午後には「フォーラム」を開催し、事業統括である徳島文理大学 桐野豊学長の挨拶のあと、日本病院薬剤師会 堀内龍也会長から「チーム医療の推進 〜病院から地域へ〜」という特別講演をいただきました。
 続いて事業報告があり、推進委員長である香川大学医学部 上田夏生教授から、学部ならびに大学院での共同授業などについて、さらに学生代表として徳島文理大学 理工学部臨床工学科3年生 高畠衣里さんから、学生交流について報告をしました。また、徳島文理大学香川薬学部 飯原なおみ准教授による「電子処方箋の進捗状況」の報告もあり、11月29日(月)には香川大学医学部附属病院から調剤薬局に対して電子処方箋が初めて送付されたことも示されました。

Copyright2008TokushimaBunriUniversityAllRightsReserved.