▲徳島文理大学香川薬学部に戻る

電子処方箋

住民一人一人の健康・医療情報を地域の病院や薬局などが共有し、
・地域住民の健康状況を見守り、サポートする
・病気になればそれぞれの専門を生かし協力して治療にあたる
新しいしくみ(総合チーム医療)をめざして、香川の医療系学部を有する3大学が連携して教育・研究に取り組んでいます。

 このたび、電子処方箋システムの基本部分が完成した段階であり、香川大学医学部附属病院と地域の調剤薬局の間で国内初の電子処方箋の実証実験を開始しました。そのしくみは次のとおりです。
/芭鼎終われば病院の窓口で患者さんが端末から電子処方箋のしくみに参加を申し込むとともに希望の調剤薬局を選択します。
患者さんは該当調剤薬局に行き、処方箋(紙)を提出します。調剤薬局 では医療情報共有化システム内の患者さんの医療情報を参照して、 的確な服薬指導 健康アドバイス、副作用の発見などに努めます。

 

電子処方箋システム Pharma WEBの紹介ビデオはこちら

電子処方箋システム Pharma WEBはこちら(体験版)


 

Copyright 2008 Tokushima Bunri University All Rights Reserved.