▲徳島文理大学香川薬学部に戻る

電子処方箋

現在の処方箋(紙)には、薬の処方情報しか記載されておらず、調剤薬局で的確な服薬指導や健康アドバイス、さらに副作用の発見などを行うには十分と言えません。このため、電子処方箋では同意した患者さんの病名や検査データなど医療情報を調剤薬局の薬剤師が参照できるようにします。

 また、忙しい医師との情報連携を病院の電子カルテと調剤薬局の端末を用いて電子的にスムーズに行うようにします。

将来、多くの病院がこのしくみに参加するようになれば、調剤薬局で薬の飲み合わせや重複投与などをチェックできるようになります。

 電子処方箋の概要は次のとおりです。

診療が終われば病院の窓口で患者さんが端末から電子処方箋のしく みに参加を同意するとともに希望の調剤薬局を選択します。

患者さんは選択した調剤薬局に行き、処方箋(紙)を提出します。調剤薬局 では医療情報システム内の患者さんの医療情報を参照して、的確な服薬指導、健康アドバイス、副作用の発見などに努めます。

 電子処方箋は患者さんの医療情報を扱うために厳密な情報管理が必要です。このため、医療情報共有化システムを専門のデータセンターに設置するとともに通信に暗号化などの対策を講じています。

 電子処方箋を利用する薬剤師についても、電子処方箋の利点を十分に活用していただけるよう臨床検査データの見方や副作用の発見などの教育を提供して行きたいと考えております。

現在、電子処方箋システムは基本部分が完成した段階であり、今後、十分な検証を行いながら、慎重に適用範囲を広げて行く予定です。

電子処方箋システムの説明会

 

 病院で診察を終えた患者さんは、FAXコーナーに設置している電子処方箋システム用端末のタッチパネルを操作して、調剤薬局への医療情報提供を患者さん自身が同意(処方箋情報提供承諾書)します。

 次に患者さんは調剤薬局を選択します。その選択方法は2種類あります。
・五十音順に並んだ薬局名一覧から選択
・地域を選択し、その中にある薬局名 から選択

 前記同意と調剤薬局が選択されたことにより、患者さんの医療情報は電子処方箋システムによって、データーセンター内の医療情報共有化システムに転送・保管されます。
調剤薬局では訪れた患者さんから処方箋を提出してもらった上で、電子処方箋システムにより医療情報共有化システム内の医療情報を参照します。

 また、病名や臨床検査データも画面から参照できます。特に、臨床検査データは項目別にグラフ表示することができ、視覚的把握を容易にしています。これらによって、調剤薬局は積極的かつ的確な服薬指導・生活指導などができるようになります。

 さらに、疑義照会内容、後発医薬品名、副作用発現状況、アレルギー歴などを電子処方箋システムを用いて調剤薬局側から医師へ電子データとして返すことができます。これによって、医師は電話やFAXなどで診断を中断されることがなく、調剤薬局からの情報を受け取ることができます。

 

Copyright 2008 Tokushima Bunri University All Rights Reserved.