「夢化学21 in Kagawa おもしろワクワクサイエンス展’14」に参加しました。

8月16日(土)、17日(日)の2日間、高松市のことでん瓦町ビル10階で、「夢化学21 in Kagawa おもしろワクワクサイエンス展’14」が開催されました。当日は、曇りで蒸し暑い天気でしたが、お盆休みの最終日とあって、多くの親子連れで賑わいました。香川薬学部からも毎年恒例の”薬剤師体験「おかしな!?おくすり」”、”「何でも凍る!? -196 ℃の世界をのぞいてみよう!」”を行いました。

薬剤師体験「おかしな!?おくすり」では、お兄さん、お姉さんから薬剤師の仕事について説明を受けた後、卓上の分包機(パイルパッカー)を使って、処方せんに書かれた通りに金平糖とチョコレートを1回分ずつに分包しました。分包したお菓子を入れる袋(薬袋)に日付と名前を書いて完成です。

 

 

 

 

 

 

 

最後までやり遂げた子には、「こども薬剤師免許証」を差し上げました。

「何でも凍る!? -196 ℃の世界をのぞいてみよう!」では、液体窒素をつかった体験実験を行いました。ゴーグルと耐熱性の手袋を着けて挑戦です。-196℃と、想像を絶する超低温。ふくらませた風船を液体窒素に漬けるとみるみると萎んでしまい、バナナも釘が打てるほど堅く凍ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

生花を液体窒素に浸すと一瞬で凍り、さわるとバラバラに・・・。

今回のイベント2日間で、保護者含め約1000名が参加してくれました。夏休みの自由研究のヒントになったかな?科学のおもしろさを体験し、少しでも興味を持ってくれたら幸いです。

 

☆公式HPはこちら→夢化学21 in Kagawa おもしろワクワクサイエンス展’14