香川薬学部卒業生で博士研究員の向井理紗さんがロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本奨励賞を受賞しました。

本学卒業生(香川 薬学部-工学研究科ナノ物質工学専攻博士後期課程卒。現在、香川薬学部 博士研究員)の向井理紗さんが、第10回 ロレアル-ユネスコ女性科学者の生命科学分野で日本奨励賞を受賞しました。向井さんは、「ウイルス性白血病発症機構の解明」に貢献したことが評価されての 受賞となりました。

2015 年7月8日に第10回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」の授賞式がフランス大使公邸で開催されました。さらに創設10周年を祝して、常陸宮妃殿下がご臨席され、「日本をはじめ、世界規模で女性の研究者を支援していることは大きな意義がある。この賞が続くことで、科学の研究に光を当て、いっそう発展することに期待します」とお言葉を述べられました。 受賞式の様子は、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞をはじめ、多数のメディアで大きく報道されました。

※ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞とは、日本の若手女性科学者が研究活動を継続できるよう奨励することを目的に05年、日本ロレアルが日本ユネスコ国内委員会との協力で創設されたものです。


<関連リンク>
日本ロレアル
NEWS LOUNGE
共同通信社 授賞式動画